ホームページ作成 レンタルサーバ編

前回はホームページ作成する際に、まずはやっておこうということで、ドメイン取得に関してお話ししました。 ホームページ作成 ドメイン取得編

今回はホームページ作成する環境の準備として必要となるレンタルサーバに関してお話しします。

ホームページを作成の3パターン

レンタルサーバを使わなくてもホームページを持つ事ができます。おおまかにホームページを作る場合、下記の3パターンが想定されます。

  • ホームページ作成ツールを利用(Wix.comなど)
    <メリット>
    ・ドメインなしであれば無料でも可能
    ・HTMLの知識やWebの知識があまり必要ない
    ・すぐにホームページを作る事ができる。更新がしやすい。
    <デメリット>
    ・テンプレートからデザインを選ぶため自由度が低い。
    ・コストがかかる。
  • ホームページ制作会社に依頼する
    <メリット>
    ・優れた業者に任せれば思い通りのホームページを作る事ができる。
    ・HTMLの知識やWebの知識を必要としない。
    <デメリット>
    ・業者にもよるが数十万円から数百万円くらいのコストがかかる。
    ・ページを更新するのに時間がかかる場合がある。
  • 自作でホームページを作成する
    <メリット>
    ・知識があれば自由にホームページを作れる。
    ・Wordpressを使えば、HTMLの知識をあまり必要とせずに作れる。
    ・コストがあまりかからない。
    <デメリット>
    ・ある程度のWebやその他Web技術の知識が必要となる。

おすすめのホームページ作成方法

HTMLやWeb技術の知識がなくても1日でも早くホームページを必要としている場合は、上の①のホームページ作成ツールを利用することをお勧めします。ホームページ作成ツールはいろいろありますが、その中で一番のお勧めはWix.comです。これに関してはまた別の機会で紹介したいと思います。

もし、ある程度の時間をかけても良いのであれば、②の業者に任せるか、③の自作でホームページを作成する事をおすすめします。お金が潤沢にありクオリティ重視であれば間違いなく②を選択し、それ以外であれば③がよろしいかと思います。

自作でホームページ作成って誰でもできる?

今の時代はいろいろな情報、いろいろなシステム、ソフトウェア(ツール)などあり、やる気さえあれば可能です!とくにWordpressというツールを使えば初心者の方でも使いやすくホームページを作る事が可能です。Wordpressに関してもまた別の機会で説明していこうと思います。

レンタルサーバを使い環境を整える

上の③自作でホームページ作成を選択したあなたに必要となる次の行動は、レンタルサーバを借りる事です。レンタルサーバもいろいろな業者がありますが、それらの中で、私が20年以上前から使っているレンタルサーバ「さくらインターネット」をお勧めします。

私が20年以上使っており、特に大きな障害もなく、なんと言っても安い。月額数百円から利用可能で、もちろん独自ドメイン(自分のアドレス)や今必須となった暗号化通信SSLも対応可能です。

上のリンクかバナーをクリックすると、下のプランの説明画面が表示され申し込み画面にすすめます。

WordPressを使えるプランが良いかと思いますので、スタンダード以上を選択したほうがよろしいかと思います。最初はスタンダードでも問題なしです。

前回のドメイン取得編で説明したお名前.comで取得したドメインも、さくらインターネットで使う事ができます。

2週間お試し無料となっており、Wordpressのインストールも管理画面上で可能ですので、まずは使ってみてもよいかと思います!またの機会にさくらインターネットのレンタルサーバ設定方法に関して説明します。